• ホーム
  • 副作用なしのニキビ治療薬のスキノレンクリームを使ってみよう

副作用なしのニキビ治療薬のスキノレンクリームを使ってみよう

2020年05月03日

ニキビなどの肌トラブルを早期に改善するためには、ニキビ治療薬を利用することが一番の方法だといわれています。ただ皮膚科で処方されるニキビ治療薬は治癒効果が高い反面、肌への作用が強く使い始めの際にヒリヒリとした強い刺激や、肌のターンオーバーが活性化することで皮膚が薄くなり、外部からの刺激に弱い状態になりやすい傾向にあります。そのためデリケートな敏感肌の方などは、副作用が強すぎて継続して利用することが出来なかったという方も少なくありません。

そこで肌への負担を最小限に抑えて、ニキビ治療や色素沈着などを改善する治療薬として人気があるのがスキノレンクリームです。スキノレンクリームには有効成分アゼライン酸が配合されており、ニキビの生成段階において改善効果を与えることや、ニキビ発生の初期段階である白ニキビを予防する効果も持っています。肌にクリームを塗布することで、アゼライン酸が皮膚の奥まで浸透していき、炎症の原因であるアクネ細菌の増殖を阻害してくれるので、細菌によるニキビの促進脂肪酸の生成を抑える効果も期待できます。

ニキビ跡やシミ、そばかすなどの皮膚の黒ずみも、メラニン抑制効果で改善するため海外では美白化粧品や皮膚治療薬として利用されている特徴があります。このスキノレンクリームの最大のメリットは、主成分であるアゼライン酸が天然酵母成分から出来ているなど、肌に使用しても優しい使い心地で刺激が少ないことです。そのため従来のニキビ治療薬では刺激が強すぎて継続して利用することが出来なかったという方でも、副作用を抑えて安全に使用することが出来る特徴を持っています。実際にスキノレンクリームは5aリクターゼと呼ばれる酵素の活動を抑える働きがあることから、髪用のローションにも使用されている特徴があり、デリケートな頭皮に使用してもトラブルが起こらない低刺激な成分としても注目されています。

スキノレンクリームの使い始めは少しピリピリとした感覚がある可能性があります。これは有効成分が肌にきちんと浸透して作用している証拠でもあるので、継続して使用することが大切です。赤みの目立っていた肌もクリームを利用することで皮膚のかゆみや赤みが改善して、綺麗な素肌を取り戻すことが出来ます。このクリームは美白化粧品としても利用されているので、炎症が収まって色素沈着になってしまったニキビ跡の治療薬としても肌に優しくおすすめです。